TCG AWARD 2012閉幕

TCG AWARD 2012閉幕

約1年前から少しずつ準備をしてきた
TCG AWARD 2012

7/21の本審査をもって無事終了しました。
昨日ブログを書くつもりでしたが、バタバタでやっと更新。

今回の審査員は
岩崎俊一さん
大貫卓也さん
濱田正樹さん(香川CCT)
岡  明さん(愛媛ACE)
の4名。

前回と審査員が変われば審査基準も変わる!
「あれが落とされるんだ」とか、その逆も多々あったり。
今回は「広告として 」と「高知らしさ」に重きをおいた審査だった気がします。

写真は岩崎さん(右)と岡さん。
ポスター部門は入選率が悪かった・・・。

こちらは大貫さん(右)と濱田さん。
プロモーション・SPツール・サイン部門は入選どころか
ぞくぞくと出展作品が受賞。

前回と同じく最終決戦までは僕の作品も残っていたのですが、
今回も残念ながらグランプリ、準グランプリはならず。
グランプリは2年連続で北村さんでした!おみごと!!

しかし、大貫さんが「ニラプロジェクト」を褒めてくださってて、
なんと途中で「個人賞をあげたいんだけど」と言ってくれました!
もともと個人賞はありますと説明しましたが(笑)
その後別の作品と迷ってましたが無事受賞。

審査終了後トロフィーに直筆でコメントをいただいたのですが、
書き終えたあと、やっと「あの作品は僕のです」と言い出すことができました。
世界にひとつだけの最高のトロフィーになりました!大切にします。

その後は授賞式&パーティーで
四国から集まったクリエイターと熱い議論をしたり、
デザイナーの卵たちに偉そうにアドバイスしたり、
逆に2年前アワードを手伝ってもらった新卒の子を口説いたり。
残念ながらあとちょっとのところで逃げられました。

写真を撮り忘れましたが2回目となるTCGバンドの演奏も大盛り上がり。
バンドメンバーも増え、コーラス隊が付き、音に幅が出ましたね。
審査員の皆さんも大変喜んでくださいました。

次の日には朝からみんなでTCG年鑑2013(仮)の撮影&搬出&片付け。
最後の最後までは居られませんでしたが、とりあえず無事終了。

前回のアワードが終わった時もこれから大きく成長できると感じましたが、
今回はさらに次のステージに上がれそうです。
次回のTCG AWARD 2014では、目指せ「準」グランプリ(笑)